戦略的優先度解析法"PDM"priority diagnosis method

Methodology of marketing No.5
【単なる相対的ポジション把握でなく、「何を強めるのか」が明確な、
 プライオリティ重視の戦略構築を実現する!】

ブランドイメージの測定データから重点施策を導く“PDM”

ブランド調査・CS調査・購買構造分析を元にしたマーケティング活動は、プライオリティに応じた集中施策でないと効果的な戦略は難しい。
PDMは、診断対象の商品やサービス、ブランドなど被診断事象の評価要因の計測データから、当該被診断事象の注力すべき要因を明らかにすることに重点をおいた分析法の総称です。
具体的には、当該被診断物が属するカテゴリ全体の期待要因と当該被診断物自体の現状評価との関係性を、科学的な相対優先計測スケールによって分析し、マトリクス上に布置し分析する方法です。
PDMを活用することによって、当該被診断事象の複数の評価要因がどの象限にプロットされるかを明らかにし、現状の評価診断や重点的に注力すべき評価要因が把握できます。
PDMには、ブランドイメージ診断のためのPDM-I顧客満足度診断のためのPDM-S購入検討要因診断のためのPDM-PCがあります。
s6